キッチンスペシャリストとは、人間工学に基づいた機能的なキッチンを
プランニングする仕事です。
キッチン設備の多様化に伴って、ここ最近人気の上がっている資格です。

キッチンスペシャリスト資格試験 過去問題徹底研究2014-2015年版
HIPS合格対策プロジェクト 螢魯Ε献鵐哀─璽献Д鵐掘

キッチンスペシャリスト資格試験 過去問題徹底研究2014-2015年版
キッチンスペシャリストハンドブック キッチンスペシャリスト実技試験完全対策 テキスト&問題集 インテリアコーディネーター1次試験 過去問題徹底研究2014 上巻 インテリアコーディネーター1次試験過去問題徹底研究2014 下巻 カラーコーディネーター検定試験2級問題集
by G-Tools

キッチンスペシャリストの資格取得に役立つ本(楽天市場)

それぞれの家庭の暮らしに合わせたキッチンの提案・・・
キッチンスペシャリストの大半は、住宅メーカーのショールーム勤務のようですが、
中にはフリーランスのキッチンスペシャリストもいらっしゃいます。

  • ワークトライアングル

    ワークトライアングルは”キッチンスペシャリスト用語”といったところでしょうか。
    台所の使いやすさの目安となる「冷蔵庫・流し・コンロの配置」のことを意味します。

    流しやコンロが冷蔵庫から離れすぎていたら使いづらいですよね。
    キッチンの中での移動が楽で、ごく自然にお料理が楽しめるような配置が望まれます。
    冷蔵庫は流し台の横、が理想的ではないでしょうか。

  • ショールーム

    キッチンスペシャリストの職場は、住宅メーカーのショールームであることが多いと言われます。

    お客様に展示品を説明したり、ニーズに合ったプランを立てて十分に話し合います。
    接客業の要素が強いキッチンスペシャリストですから、最低限のビジネスマナーは身に付けて
    おかなくてはなりません。

    ガス器具や電気、水道にいたるまで幅広い知識が要求されます。
    インテリアコーディネーターなどの資格を併せ持って、インテリアに関する総合的なプロを
    目指すのも良いのではないでしょうか。

    ヨーロッパで誕生したシステムキッチンが日本に浸透したことによって、この資格が生まれました。

    キッチンスペシャリストの受験資格は23歳以上か、または実務経験3年以上と定められています。
    筆記と実技があり、筆記試験では日本の食文化・建築基準法・消防法など幅広いジャンルから
    出題がなされます。実技試験では、キッチンの企画提案・図面作成の能力が問われます。