食生活アドバイザー資格取得 資料請求  食生活アドバイザー検定という民間資格があります。

食生活アドバイザーとは、食を通じて生活そのものを提案するスペシャリストです。食生活アドバイザーになるには、どのような勉強法が効果的なのでしょうか。

食育インストラクター養成講座

食生活アドバイザー検定を受検する人には、飲食店や食品業界はもちろん、
介護や福祉の現場で調理を担当する人なども含まれます。
幅広い業界から注目を集めている検定試験と言えるのではないでしょうか。

食生活アドバイザー検定の試験内容

食生活アドバイザー検定の試験内容は、理論と筆記に分かれます。
筆記試験は2級のみに課せられ、理論問題が3級と2級に共通となっています。

理論問題の構成は、(1)栄養と健康(2)食文化と食習慣(3)食品学(4)食マーケット
(5)衛生管理(6)社会生活となります。

食育という言葉が生み出され、食への感心は益々高まっています。

中国産の食品に対する警戒も強まっていますし、食の安全に関心を寄せる人の数は増える一方です。
家庭内における食の知識って本当に重要ですよね。

食生活アドバイザー3級公式テキスト
一般社団法人FLAネットワーク(R)協会

食生活アドバイザー3級公式テキスト
食生活アドバイザー2級公式テキスト 食生活アドバイザー(R)試験に出る重要用語辞典  -基礎・3級・2級検定試験に完全対応- U-CANの食生活アドバイザー(R)検定3級 速習レッスン 【予想模擬試験つき(2回分)】 (ユーキャンの資格試験シリーズ) 3ステップで最短合格!食生活アドバイザー検定3級テキスト&模擬問題 食生活アドバイザー(R)基礎 公式テキスト
by G-Tools

食べるものによって人はつくられる・・・ごく当たり前のことですが、一人一人が自身の管理の中で
理想的な食生活を送るのは至難の技になって参りました。

以前にもこのブログの中で書きましたが、人を良くすると書いて「食」と読みます。

食が土台になっている私たちの生活。
農耕民族の日本人には、穀物菜食が理想の食生活だと言われます。
狩猟民族の欧米人の間には肉食文化が根付いています。これも自然の摂理なのでしょうか。
日本人の食卓が様変わりして久しいですが、食の欧米化は確かに危険をはらんでいると思われます。

食生活アドバイザー検定、これはなかなかタメになりそうな予感がします。

  • 食育 案内資料無料プレゼント! ケイコとマナブがお届け致します。