テキスタイルアドバイザーとは
アパレル業界における民間資格で、豊富な知識を基に、消費者の立場からの衣料企画や設計、
販売、品質保証、消費者対応などの仕事をします。
テキスタイルアドバイザーは衣料管理士とも言います。

図解アパレル業界ハンドブック図解アパレル業界ハンドブック
松尾 武幸 佐山 周

最新ファッション業界のトレンドがよ~くわかる本―業界人、就職、転職に役立つ情報満載 (How‐nual図解入門―業界研究) 図解流通業界ハンドブック Ver.2 図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book) ファッション業界大研究 <業界の最新常識> よくわかるアパレル業界 (業界の最新常識)

by G-Tools

ローライズとはファッション用語ですね

テキスタイルアドバイザーには受験資格が特に定められておらず、誰でも受験することができます。

消費者のニーズを基に衣料を企画するなんて素敵な仕事ですよね。
Web2.0の台頭によって、消費者参加型の社会が形成されつつあります。
化粧品会社などでも、消費者のクチコミから自社製品を作る動きが見受けられます。
ユーザーの声って本当に大切なんですよね。

テキスタイルアドバイザーの仕事も、消費者の声から動き始めるという点ではベクトルが同じです。

テキスタイルアドバイザーの試験内容

衣料管理士の試験内容ですが、消費科学、衣料学、衣料学実験、衣料試験法、被服構成学、
被服デザイン、被服衛生学などとなっています。試験日は毎年10月で、東京にて実施されています。

アパレル業界に就職、転職を目指している人には要注目の資格ですね。

  • きものコンサルタントの資格と仕事 気になったら資料請求!