福祉用具プランナーとは、福祉用具の選定相談と利用方法を指導する専門家のことです。
昨今では、様々な福祉用具が開発されています。
ユニバーサルデザインという言葉もよく聞かれるようになりましたが、社会全体が高齢化社会に適応
できるように変わりつつあります。福祉用具も利用者がより使いやすいように改善が施されています。

福祉用具専門相談員研修用テキスト 4訂福祉用具専門相談員研修用テキスト 4訂
シルバーサービス振興会

中央法規出版 2007-04
売り上げランキング : 248574

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

福祉用具プランナーはテクノエイド協会が定めるカリキュラムの全課程を受講し、
福祉用具プランナー研修修了試験に合格することで修了証書が交付される運びになっています。

福祉用具プランナーになるには

実際の介護現場などで使用される福祉用具なだけに、受講条件として福祉・医療関係の資格を
持っていて、かつ一定以上の実務経験が必要とされています。

福祉用具プランナーになるために必要とされる資格は、介護支援専門員(ケアマネジャー)
理学療法士、作業療法士、義肢装具士、看護師、准看護師、保健師、介護福祉士、社会福祉士、
精神保健福祉士となっています。

福祉用具プランナーは、福祉用具の選定からその利用までをコーディネートする民間資格です。