理学療法士とは病院のリハビリテーション科などに勤務するリハビリの専門家です。
理学療法士はフィジカルセラピスト(PT)とも呼ばれていて、
医療系資格の中ではなかなか人気の高い国家資格です。

理学療法士まるごとガイド[第3版] (まるごとガイドシリーズ)
日本理学療法士協会

理学療法士まるごとガイド[第3版] (まるごとガイドシリーズ)
作業療法士まるごとガイド[第3版]: 資格のとり方・しごとのすべて (まるごとガイドシリーズ) 理学療法士になるには (なるにはBOOKS) 看護医療技術系の志望理由書 合格できる志望理由書が本書ならかける 改訂版 (大学/短期大学/専門学校受験) 看護医療技術系の入試面接 合格できる面接マナーと想定問答集 改訂版 (大学/短期大学/専門学校受験) 看護医療技術系の小論文 出題タイプごとの書き方と具体例 改訂版 (大学/短期大学/専門学校受験)
by G-Tools

理学療法士の資格と仕事

よくスポーツ選手などが、手術後にリハビリに取り組んでいる姿が映像で流されますよね。
身体機能の回復を目指してリハビリに一生懸命取り組んでいるわけですが、その陰には
理学療法士の存在があります。骨折によるリハビリ、脳卒中によるリハビリ、発達障害による
リハビリとその範囲は多岐にわたります。

理学療法士は患者の歩く、座る、食べるといった、基本的な身体機能の回復を目指します。
腕を曲げたり伸ばしたりする運動療法、温熱や電気刺激などの物理療法などを通して
リハビリテーションの指導や助言を行います。

理学療法士は独立開業権のない国家資格

高齢化社会が進むにつれ、理学療法士の需要も高まりつつあります。
PTの就職口も多く、現段階では社会から必要とされる資格のようですね。

理学療法士は国家資格ですが、いわゆる独立開業権はありません。
あくまでも医師の指導の元に仕事を進めることになります。そういう意味では、医師との
コミュニケーションがとても重要な仕事です。