紫陽花の花言葉をご案内致します。

紫陽花の花言葉きれいな紫陽花の花。

梅雨に咲く紫陽花は、湿気の多い日本の夏を爽やかにしてくれる有難い花です。
紫陽花の原産地は日本です。
日本から中国を経て、1789年にヨーロッパに伝わり改良が施されました。改良された紫陽花をハイドランジアと称します。

紫陽花の花言葉は「移り気」。

花の色が変わることに由来します。
白、青紫、ピンク、紅など、様々な色で人々を魅了する紫陽花。

紫陽花はユキノシタ科の落葉灌木に分類されます。

日本の海岸に自生するガクアジサイから改良が重ねられました。
花の色は白から紫、次いで淡紅色に変化していきます。
観賞用の花ですが、花は解熱薬に、葉は瘧(おこり)の治療薬にも利用されているようです。

花弁が4つあることから、四片(よひら)とも表現されます。
”あぢさゐの花のよひらに漏る月を”
風情の感じられる文学的な言葉使いですよね。

プリザーブドフラワーの通信講座 講座案内資料を無料進呈中!