ミッションクリティカルとは何を意味する用語なのでしょうか。

書店で「成功の法則92カ条」というタイトルの本を手に取りました。
楽天の三木谷さんが書かれた著書です。

成功の法則92ヶ条
成功の法則92ヶ条三木谷 浩史

幻冬舎 2009-06
売り上げランキング : 53

おすすめ平均 star
starサクサク読め 学べるところが多い
star久しぶりに元気がでる本!
star一兆円モールができあがるまで。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

三木谷浩史 楽天ブックス

ページをめくっていると、
コアビジネスとミッションクリティカルについて書かれている箇所に出くわしました。

コアビジネスとはいわゆる本職のことで、
生涯を通じて追いかけていく壮大なテーマがミッションクリティカルである・・・
概ねそんな内容だったかと思います。

英語で書くと、Mission Critical になりますね。
クリティカルとは「批判的な、あらを捜したがる、危急の」などを意味する形容詞です。
あら捜しを好む、批判的な使命というのは何を意味するのでしょうか?

ミッションクリティカルとは、24時間365日、止まらないことを要求される基幹業務のことをいいます。

オンライン上で行われる電子商取引や、交通機関システムなどがこれに相当します。
つまり、一度止まってしまったら社会が混乱に陥るミッションということですね。

ミッションクリティカルに使用されるシステムには、極めて高い信頼性や耐障害性が要求されます。どんな危機に陥っても、あらゆる批判に耐え得るだけの性能が求められるというわけです。

あなたのミッションクリティカルは何ですか?

細胞の隅々にまで行き渡り、四六時中考えていること・・・
生活の糧を得るために従事する仕事とは別に、何か自分に課せられた使命があるはずだと感じたことはありませんか?

今目の前にあるコアビジネスが、自分にとってのミッションクリティカルに他ならないという方もいらっしゃるかもしれません。そうであるならば、もう少し視野を広げてみて、大所高所から広い意味でのミッションクリティカルを見定めてみる必要があるのではないでしょうか。

四六時中、稼働し続けるミッションクリティカル
生涯を閉じる直前になってから、神様にあれやこれやと批判されないためにも、普段から天賦の才能はどこにあるのか探っておく必要はあるでしょうね。

ミッションクリティカルは個々人の潜在意識の中で、顕在化されることを願いながら静かに眠っていることでしょう。